NosBlog

Home

NosBlog

【 ERICTRONIC 芦沢英志 】

NosBlogで、数年前から、当サイト右お友達サイトにてLinkさせて頂いています。
以前お世話になった マスタリングも、ミックスダウンも、Cinemaも、こなす
お人良しのクリエイターさんです。 NosBlogでは、全面的に応援しとります。
今回も すんばらすぅぃ~ デキです。 皆様 よろピクゥ~!

http://www.defhousestudio.com/blog/
http://itunes.apple.com/us/artist/hideyuki-ashizawa/id496128216
http://soundcloud.com/defhousestudio

【5月 三角山 311m 札幌近郊】

【5月 藻岩山 シラネアオイ (白根葵)】

5月中旬 藻岩山に咲くシラネアオイ

花などにまったく興味のないわたくし・・・ 毎回交わす山歩中の挨拶
今日は、その短い挨拶の中で、藻岩山のすてきな花のご紹介を頂きました。
藻岩山トレッキングの楽しみが、また1つ増えました。感謝。

里山 遊人
シラネアオイ(日本固有の1属1種の植物) 札幌 藻岩山 生息についても 丁寧に図解されています。札幌の山歩が、大好きな方なんでしょうね。参考になります。

さくさく山日記
私は、よく、低山トレッキングの日付とその山名で検索をかけます。
やはり、いました。いました。この方も、山に咲く草花が大好きなようです。
HP上で、沢山の草花名をご紹介されています。でも、私には、憶えられましぇん。

今日は、朝 金環日食の日です。札幌も AM 07:49 にピークを迎えました。

本日藻岩山山頂から朝 金環日食を!とも考えましたが、札幌近隣の熊出没ニュースも多く、朝登るのは、あきらめ、藻岩山山頂から金環日食を観るために登るだろう人達が、下山するころ、午前11:30ごろから、旭山公園コースからトレッキングを始めました。晴天です。木陰が、気持ちよかった。そして、私としては、初めて拝見する山ガール特有のいでたち女性3人とも挨拶を交わしました。ってなことで 新藻岩山山頂への トレッキングでした。

【ワンピースのセンピース】

今年のGWは、愚妻、次女、私 で ワンピースの千ピース。 
えへへ 家族共同作品の完成。 後日、次女曰く、 『ワンピースのセンピース・・・
皆、100%想い浮かべるフレーズ・・・そのフレーズ、外で言ったら、はずいよ。』
って もう 遅いわ・・・

【品格格差と血統】

本日、GWの日曜日、北海道大学大学院 法学研究科 教授 町村泰貴さんの研究室にお邪魔しました。北大の公共政策の先生と法学部の先生に、なぜ親しい方が多いかもなんどなく想像できました。(たぶん教授陣の人事考課も同一表かと。知ったかブリブリ。ん~クレディビリティーに問題あり発言。いつも一言多いぞと。)

ちなみに 私の卒業した大学は、
北海学園大学 経済学部 経済学科 (学祭で騒ぎすぎ会計研究会を中途脱会。で、泣く子が笑う 阿座上ゼミ) 北海道大学ではございません。

この記事の続きを読む・・・

【4月 春 手稲山 親子トレッキング (札幌近郊車で40分)】

古いBlog繋がりの友人(最近は、FaceBookでも繋がらせて頂いています。)
イースト苗穂在住、なのに、札幌麻生トレッキングクラブ副隊長 そばちゃん から、
前日、夜22:50 FaceBook_Chat経由で、『明日 手稲山に登りましょう!』 
と 声をかけて頂きました。

” いくぅ~?” ” あぁ~ん いくいくぅ~” 
” 手稲の頂上から羊蹄山見たいんですよ。” ” 手稲山の頂上からみえるん?”
” うんうん 丸見えぇ~”  と 夜 中年男2人 なんとも悩ましいchat。 
でも、たいして興奮もぜず・・・ 

この記事の続きを読む・・・

保護中: 【北海道の観光協会一覧】

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

【札幌 青森 JR 駅弁】

平成24年4月1日2日と弘前市から青森市に転勤した嫁いだ長女の所と
弘前市のおかあさんの所に、長女をよろしくお願いします と ご挨拶に。

北斗14号 札幌発 13:17 函館着 16:49 写真:札幌駅にて出発前

この記事の続きを読む・・・

【アノニマス テロ 予告】

クラッカー集団 アノニマス 3/31 ルートDNSをD_Dos攻撃 予告!
『グローバル・ブラック・アウト作戦』 

まさか! その影響???  — 2012.03.31 午前4:00 現在 —

【お役所の会計制度】

北海道 札幌市 お役所の会計制度も是非変えて公開してほしい。

【Lean On Me 3.11】

あれから 1年 ・・・

1年前、世界中の人々が、『pray for japan』 と facebookのプロフィールアイコンなどにprayバッジを付け日本を応援してくれました。
(なぜか日本人の中にも、付けていた方がいましたが・・・) 

この記事の続きを読む・・・

【雨上がりの夜空に 1983年 札幌 真駒内 】

セッション 
RCサクセション サザンオールスターズ

保護中: 【申請書・報告書 『使ってはいけない』 文末・結びの例】

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

【 芦沢英志 氏 】


・芦沢英志 氏 itunes

私が、もう2年前?コミュニティーFM局にゲストで出演させて頂いた際、出演番組内で、快く、楽曲 『 あい・らぶ・てぃーちゃー 』 の無料使用を、とても気さくに承諾してくださいました。それ以来、当blogお友達欄でも、linkを張らせて頂いています。 初?の有償 itunes 作品(商品)?

芦沢英志 氏 個人レーベル  『 sine wave avenue

個人レーベル・・・ とても好感もちます。10曲 1,800円購入しました。
(2012.02.28現在 10曲 1,500円になっていました。)

大手レーベルデビューなんて もう流行らない。新しい産業構造をしっかり見極め、
CCライセンスと有償ライセンスを使い分ける インテリ クリエイター 芦沢英志 氏 
陰ながら こっそり その創作活動応援しています。

【Best bike rentals in the globe】

【『マーク・ザッカーバーグからの手紙』 全文】

YN市場上場に際し、米証券取引委員会(SEC)に提出した申請書類に添付したマーク・ザッカーバーグの手紙は、

Facebook was not originally created to be a company.
FaceBook は、もともと起業のため作られたものではなかったんです。

と始まっています。 とても正直で若者らしく素直な書き出しと好感をもちました。

日本には、FaceBook 誕生以前より、Nifty・Mixiなど優秀なSNSがありました。
日本は、SNS先進国だったはずです。(失礼ですが、あえて過去形です。)

なのに、5年足らずの企業にあっという間に抜かされました。なさけない・・・
なぜ、日本のSNS企業は、世界的規模の企業に育たなかったのでしょう。

この記事の続きを読む・・・

【中国 札幌 水道料金】

中国水道料金

北京市 2.80元/㎥ 33.978円/㎥
上海市 1.33元/㎥ 16.139円/㎥
重慶市 2.10元/㎥ 25.483円/㎥
成都市(四川省) 2.50元/㎥ 30.337円/㎥
鄭州市(河南省) 1.50元/㎥ 18.205円/㎥
銀川市(寧夏回族自治区) 1.55元/㎥ 18.809円/㎥
東京 9.22元/㎥ 112.000円/㎥

この記事の続きを読む・・・

【円高 メリット 個人輸入 BrooksBrothers USA】


2012.01.12現在

NET上のブランド日本店よりシャツ購入 11,550円 × 3枚 37,012円 -①
NET上同一ブランドUSA店よりシャツ購入 ($88-$15) × 3枚 22,374円 -②
NET上同一ブランドUSA店よりシャツ購入 ($88-$15) × 5枚 34,197円 -②

・ ①は、①=11.550円×3枚x1.05+630円(送料) ②③算出過程 blog末記参照

2012年1月 歴史的な円高・ドル安・ユーロ安・・・   (過去10年為替レート

従前のエリア間 『裁定取引』 が通用しないエリアレスなインターネット市場では、
一物一価の法則』 が・・・って あれ?日本の海外ブランド店価格って やっぱ変。

国内消費者を こバカにしとる価格設定をしとる日本のブランド店経営者の皆様。
円高の今、あなたのライバルは、国内の他社ブランド店じゃ~あ~りませんよ。
自社ブランド海外NET販売店だす。日本国のブランドファン(客)取られちゃうぜ。

この記事の続きを読む・・・

【写真家 鷹野 晃】

札幌からは、行けそうにない・・・会場の差し入れに・・・
あんかけ焼きそば弁当(北海道限定販売らしい)を箱で送ろうか・・・ん~~

札幌出身の写真家 鷹野 晃 (たかの あきら)
写真集 NHK情報番組 『こんにちはいっと6けん』 夕暮れ散歩 屋上散歩 案内人

この記事の続きを読む・・・

【新年会 阿座上洋吉 先生 】


阿座上 洋吉 先生(左) S59卒 阿座上ゼミOB 古川氏 (右)

本日は、恩師 阿座上 洋吉 先生 との お正月恒例 新年会です。今年の4月で79歳。
しかし、相変わらずお若い。そして、先生は、相変わらず強運の持ち主でした。
というのも・・・

この記事の続きを読む・・・

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top