NosBlog - 【円高 メリット 個人輸入 BrooksBrothers USA】

Home > 40010 – 個人輸入 > 【円高 メリット 個人輸入 BrooksBrothers USA】

【円高 メリット 個人輸入 BrooksBrothers USA】


2012.01.12現在

NET上のブランド日本店よりシャツ購入 11,550円 × 3枚 37,012円 -①
NET上同一ブランドUSA店よりシャツ購入 ($88-$15) × 3枚 22,374円 -②
NET上同一ブランドUSA店よりシャツ購入 ($88-$15) × 5枚 34,197円 -②

・ ①は、①=11.550円×3枚x1.05+630円(送料) ②③算出過程 blog末記参照

2012年1月 歴史的な円高・ドル安・ユーロ安・・・   (過去10年為替レート

従前のエリア間 『裁定取引』 が通用しないエリアレスなインターネット市場では、
一物一価の法則』 が・・・って あれ?日本の海外ブランド店価格って やっぱ変。

国内消費者を こバカにしとる価格設定をしとる日本のブランド店経営者の皆様。
円高の今、あなたのライバルは、国内の他社ブランド店じゃ~あ~りませんよ。
自社ブランド海外NET販売店だす。日本国のブランドファン(客)取られちゃうぜ。

インターネットでお買い物 商品の発送元が海外の場合は、個人輸入となります。
私の個人輸入の経験 は、偽ブランド品の個人的収集目的の個人輸入だけです。
そして、そのF.O.B価格(海外小売価格)の合計額は、16,666円以下でした。

今回は、BrooksBrothers USA から F.O.B価格 16,666円超の個人輸入です。
偽ブランド品じゃあ~りませんよ・・・と。でも今回は、50%引SALE品のみです。

・C.I.F(シー・アイ・エフ)価格・・・・・貨物代金+貨物保険料+貨物運賃
・C&F(シー・アンド・エフ)価格・・・・・・・・・貨物代金+貨物運賃
・F.O.B(エフ・オー・ビー)価格・・・貨物代金 のみ

『え?輸入の課税価格は、C.I.F価格だべ?』 と おっしゃるインテリなあなた・・・
たぶん おっしゃる通りかと思いマッスル。

課税価格 (取引価格)=現実支払価格+加算要素=C.I.F価格 が 原則かと。

しかぁ~し、『 輸入取引が小売取引の段階によるものと認められる貨物で、輸入者の個人的な使用に供されると認められるもの 』の課税価格には、特別な取扱いがありました。 関税定率法第四条の六-2

個人の方がご自身の個人的使用の目的で輸入する貨物の課税価格は、海外小売価格に0.6を掛けた金額となります。

課税価格 (取引価格) = F.O.B価格 (海外小売価格) × 0.6

その他の貨物の課税価格は、商品の価格に運送費および保険料を足した金額になります。

課税価格 (取引価格) = C.I.F価格

※ 私が個人輸入する1つの貨物が、
  『私の個人的な使用を目的としているもの』か否か?
  『私の「業」として輸入するものではないもの』か否か? により、
  その貨物の課税価格とみなされる価格は、
  上記 のように変わります。

課税価格 (取引価格)を、個人の輸入状況を総合的に鑑みず、
F.O.B価格に0.6を乗じた金額
C.I.F価格  とするのは、厳密には、かなり乱暴です。
そして、例外もありそうです。しかし、私が、海外小売店 (BrooksBrothers USAなど) から商品を購入(個人輸入)する場合は、
F.O.B価格に0.6を乗じた金額
C.I.F価格  としても問題は、少なそうです。

参照
(問9-3)「個人的な使用に供される輸入貨物」についての特別な取扱いとは、どのようなものですか。 < 関税評価用語等解説
1405;課税価格の決定の特例  < 税関 カスタムスアンサー

BrooksBrothers USA の50%引SALE品・・・
わたくし シャツ2枚 ネクタイ3本 注文しちゃいました・・・

・2011.01.16 PM19:12 注文 (現地時間 16 Jan 2012 05:12:02 -0500)

BrooksBrothers USA は、国際宅配便会社にFedEX社を指定しています。
なので、私の輸入貨物の通関時には、BrooksBrothers USA が作成した
『コマーシャル・インボイス』 を基に、FedEX社が、私の輸入代理申告を行います。
この輸入代理申告業務手数料は、FedEX社送料$49.99 に含まれてるとのこと。

しかぁし、輸入貨物に一定額以上関税が課税される場合、後日、FedEX社より
BrooksBrothers USA に支払う送料 $49.99 とは別に、関税・消費税特別手数料が、FedEX社の立替税金にまぎれて、荷受人(私)に、請求されます。
∑q|゚Д゚|pエェー!

この関税・消費税特別手数料請求の件・・・荷受人(私)は、いつの時点で、FedEX社に支払うことに同意したとみなされているのだろう?BrooksBrothers USAに発注時の運送注意書きにあったかなぁ~?誰からも聞いてないような・・・
ちなみに、私の場合、関税・消費税特別手数料は、 500円ですた。

・ FedEX社から、送料とは別途関税・消費税特別手数料を請求されることに、納得していない私のモヤモヤ感は、『コメント欄』 にまとめました。

私(輸入者)の輸入貨物が、私(輸入者)の個人的な使用に供されるの場合は、
BrooksBrothers USA が作成する 『コマーシャル・インボイス』 に記載された F.O.B価格に、 0.6を乗じた価格が、私の課税価格となり、免税額を超えているか否か、あるいは、関税額や消費税額、通関手数料の有無 の計算のベースになります。そして、その算出方法は、1つの輸入貨物のF.O.B価格の合計や、1つの輸入貨物に関税率の異なる品目が混在しているか否かによって、いくつかの方法があるようです。

海外ネット通販、今回の私の輸入貨物は、課税されそうです。
学習も兼ね試算してみました。わたくしの関税計算・・・ん~かなりあやしい・・・
個人輸入ベテランの皆様、私の誤解や計算ミス、ご指摘頂けると幸いです。

 ① 少額輸入貨物の簡易税率により算出

通関時諸費用=関税+消費税(国税+地方税)+FedEX手数料
          = 1,200円 + 500円 + 100円 + 500円  = 2,300円
                              算出条件算出過程 ①

 ② 関税率の違う輸入貨物の全部に、一般の関税率を適用し算出

通関時諸費用=関税+消費税(国税+地方税)+FedEX手数料
          = 1,300円 + 500円 + 100円 + 500円  = 2,400円
                              算出条件算出過程 ②

上記の結果から、今回の私のお買い物総支払額
 =(商品F.O.B価格 + 国際宅急便送料) × 76.87円/$ + 通関時諸費用 ①
 = ($268.75 + $49.99) × $76.87/円 + 2,300円
 = 26,801.5438円 ≒ 26,801円 (シャツ2枚 ネクタイ3本 )

1つのアイティムが 約 5,100円(税抜) とっても リーズナブルかと・・・でも・・・
愚妻に無断・・・ Σ(゚д゚;)ハッ!? おこられる・・・ぎゃぁ~~ リーズナブルブルブル・・・

FedEx Tracking

私は、商品到着後、初めて、 『コマーシャル・インボイス』なるものを見ました。
私への海外発送(輸出)のために作成された、『コマーシャル・インボイス』 には、
通関手続きに必要な HSコード、数量、F.O.B価格などの記載がありました。

BrooksBrothers USA の 『コマーシャル・インボイス』 (到着商品梱包に添付)

関税品目(HSコード) 6205-20-2016 個数 2 小計金額 $107.25
関税品目(HSコード) 6215-10-0040 個数 3 小計金額 $161.50
合計金額 $268.75 (HS:国際統一商品分類 21部 97類 1,220項)

ビジネスマンのスタンダードなブランド衣料品店 BrooksBrothers ・・・
BrooksBrothers USA の商品 (国内販売店では、インポート品と呼ばれていたような・・・)の表記サイズは、日本国内のサイズ表記と同じでも、大きめかな?

(2013.05.01:現在)下記2つのURLは、LINK切れです。
でもたぶん現在も、各サイトに各アイティムのサイズ表があると。

● 提供:BrooksBrothers_Com 各国サイズ対応表 (日本サイズ含)
● 提供:BrooksBrothers_Japan 日本サイズ対応表

私は、発注時、自分で選定したシャツのサイズに、かなり不安がありました。

初めてのUSAサイズ表記シャツの個人輸入、加えて、初めての関税・消費税計算ということもあり、シャツは、もう数枚ほしかったのですが、私のサイズ選定ミスや想定外な関税・消費税計算ミスの精神的・金銭的ダメージも考慮して、50%値引のSALE品のみ個人輸入(発注)するに留めました。

初体験に失敗は、付きものです。そして、チャンスは、今回限りでもありません。

日本国内のブルックスブラザースNET販売店でも、1月セールを行っていました。
11,550円 → 8,085円 や 50%値引のSALE品もありました。私が、WEB上から比較する限り、50%値引SALE品のサイズなど品揃えは、BrooksBrothers USA の方が、中年な日本人のサイズ(首が太くて、腕が短い)が、豊富にあると感じました。中年な日本人サイズは、海外では、売れ残りサイズだったりして・・・

2012.01.16 BrooksBrothers USA にてID登録 決済 VISAカード
        商品をNET上から発注
2012.01.18 発注後、2日目、BrooksBrothers NETマイページ上、
        発注時の在庫有り 商品予約済 表記のまま変化なし。
        AVAILABILITY:in stock and reserved (blog写真参照)
        FedEx Tracking 番号 未発行
        商品発送してくれた? と 発注番号をつけ督促メール
2012.01.20 BrooksBrothers より 商品出荷完了 とメールあり
        AVAILABILITY:shipped 表記となる
        同ページに、FedEx Tracking 番号 も発行表記される
2012.01.25 商品到着 (商品NET発注後、9日目)
        79.5ドル シャツRegular Fit 16 1/2-32 試着 ・・・
        ピチピチではない程度にちゃんと着れました。
        ひとまず ホッ・・・
2012.02.06 FedEX社より、請求書振込用紙 郵送着
        到着後10日以内振込要請
        適用:衣料品の少額輸入貨物の簡易税率 10%
        適用:平成24年1月22日から平成24年1月28日まで
        為替レート 76.87円/
        関税 1,200円 消費税 500円+100円
        FedEX社 手数料 500円 合計 2,300円

首周り袖丈 ピッタリ。でも洗濯してどのくらい縮むかが問題。
        1つ上のサイズ 17-33 が いいような感あり。
        もし、オックスフォード地なら、17-33 と確信。

私の体型  170cm 88kg 首周 42.5cm へそ周 94cm・・・
        ぎゃぁ~ みごとに・・・メタボ・・・ すみません。

私の誤解 到着後の試着で気がついた点
胸・腹周り・・・発注時、胸・腹回りのサイズを、私、誤解してました。
そして、『Regular Fit』 は、日本では売られていないサイズでした・・・

私が注文したサイズ、『 Regular Fit 』 16 1/2-32 は、
私の体系では・・・少しだけ?腹の出っ張りが目立ちます・・・
もう少しオブラードに包みたい・・・ (お腹を・・・)なので・・・
次回は、『 Slim Fit 』 or 『 Traditional Fit 』 で発注しませう。

私は、皆様のお察しの通り、結構おデブなおやじ・・・でも、間違って発注した胸・腹周りサイズ・・・「Regular Fit」 でも それなりに着ることができました。ということは、私のようなおデブでも、首周りさえ間違えなければ、『ピチピチで着れず・・・大失敗』 となることは、なさそうです。(私感)

私の胸・腹周りサイズ・・・の誤解
誤解) Traditional Fit > Regular Fit >   Slim Fit > Extra Slim Fit
正解) Traditional Fit >   Slim Fit > Regular Fit > Extra Slim Fit

日本国内のブルックスブラザースNET販売店では、
BrooksBrothers USA の$79.5 シャツ → 10,500円 (税抜)
BrooksBrothers USA の$88.0 シャツ → 11,550円 (税抜) が同品位かな?

私の本命のお目当ては、$79.5 シャツでも 、$88 シャツでも、 いいのですが、スタンダードなよくある 白のボタンダウンシャツか、よくある一般的なシャツです。

ところが、無地のスタンダードシャツは、50%引SALE品に、なりずらいとNET情報にありました。今は、1度に3枚以上発注すると、$15/枚値引があるようです。閲覧時は、在庫がなく、発送が2月中旬になるとのこと・・・ (2012.01.16現在)

BrooksBrothers のスタンダードなシャツ、一番の売筋なんでしょうね。

私が、F.O.B価格合計16,666円以上となるシャツだけ個人輸入する際の注意
輸入品目が、シャツだけの場合、関税率7.4%、少額輸入貨物の簡易税率(衣料品)10%より低い。なので、FedEX社が、発送時、FedEx Tracking番号を発行した後、FedEX社が、代理輸入申告をする前に、電話で、FedEX社に、FedEx Tracking番号を告げ、少額輸入貨物の簡易税率(衣料品)10%ではなく、シャツだけの場合の個別関税率 7.4% の方が有利ではないか?と問い合わせ、検証してもらう。

BrooksBrothers JP11,550円 シャツ』 と、直近の為替レート、輸入コストを加味した BrooksBrothers USA$88 シャツ』 を 円換算比較
     (2012.01.16現在 為替レート:$76.86/円にて試算)

個人輸入
支払総額
$88シャツ
個人輸入量
B
1枚あたり
輸入単価
C
1枚あたり
比較単価
D
1枚あたり
割安額
1枚あたり
割安率
F
10,606円 1枚 10,606円 10,101円 ▲1,449円 12.5%
17,369円 2枚 8,685円 8,271円 ▲3,279円 28.3%
22,374円 3枚 7,458円 7,103円 ▲4,447円 38.5%
28,285円 4枚 7,072円 6,735円 ▲4,815円 41.6%
34,197円 5枚 6,840円 6,205円 ▲5,345円 46.2%

・個人輸入支払総額(A)
  = {(① × ② + ③)×76.86円/$} + 関税 + 消費税(国・地方税) + 通関手数
・1枚あたり比較単価(D)=1枚あたり輸入単価(C) × 100/105

単価
数量
送料
関税
消費税
国 ⑤
消費税
地方 ⑥
FedEX手数料
$88 1枚 $49.99 免税 免税 免税 なし
$88 2枚 $49.99 免税 免税 免税 なし
$88-$15 3枚 $49.99 700円 400円 100円 500円
$88-$15 4枚 $49.99 900円 500円 100円 500円
$88-$15 5枚 $49.99 1,100円 600円 100円 500円

・関税 1,100円 消費税(国) 600円 消費税(地方)100円 算出条件算出過程 ③

BrooksBrothers JP10,500円 シャツ』 と、直近の為替レート、輸入コストを加味した BrooksBrothers USA$79.5 シャツ』 を 円換算比較
     (2012.01.16現在 為替レート:$76.86/円にて試算)

個人輸入
支払総額
$79.5シャツ
個人輸入量
B
1枚あたり
輸入単価
C
1枚あたり
比較単価
D
1枚あたり
割安額
1枚あたり
割安率
F
9,953円 1枚 9,953円 9,480円 ▲1,020円 9.7%
16,063円 2枚 8,032円 7,650円 ▲2,850円 27.1%
19,137円 3枚 6,379円 6,076円 ▲4,424円 42.1%
26,135円 4枚 6,534円 6,223円 ▲4,277円 40.7%
31,633円 5枚 6,327円 6,026円 ▲4,474円 42.7%
単価
数量
送料
関税
消費税
国 ⑤
消費税
地方 ⑥
FedEX手数料
$79.5 1枚 $49.99 免税 免税 免税 なし
$79.5 2枚 $49.99 免税 免税 免税 なし
$79.5-$13.17 3枚 $49.99 免税 免税 免税 なし
$79.5-$13.17 4枚 $49.99 800円 500円 100円 500円
$79.5-$13.17 5枚 $49.99 1,100円 600円 100円 500円

今の円高をメリットを武器に、日本のコンシュマーは、もっと 個人輸入しませう。
日本の企業は、もっと、海外株式・会社(M&A)・不動産・金を買占めませう。

結果的に、貿易赤字は、もっと加速しますが・・・
結果的に、日本の産業構造の変革が、もっと加速しますが・・・
結果的に、日本の稼ぎ手企業が総入替されそうですが・・・

レボリューション 若者にとって そんな悪いことにはならない・・・(私感)
ということで、このお話は、おしまい。

———

財務省では、1週間おきに、次週通関時の関税額算出に参照される 為替レートを発表しています。(月曜日か火曜日/毎週) 外国為替相場(通関時の円建て課税価格算出時の為替レート)

私と同じ時期に、私と同じ問題意識を持ち・・・
BrooksBrothers USA のSALEを利用されている方のBlogを発見・・・

管理人様は、トラッドファッションの知識豊富です。読み応えあります。
Blogタイトル:Not fashion but style
記事 2011.12.04:Online shopping(オンラインショッピング)
記事 2012.01.08:Winter Sale(オンラインでスーツを買う)
記事 2012.01.22:Black Fleece(海外通販顛末記) ← コメントさせて頂きました。

個人輸入は、BrooksBrothers USAだけではありません。BOOKSTARなど、英国や米国へスーツをオーダーする際、スーツサイズのなど役立つ記事が、たくさんありました。
Blogタイトル:J.U備忘録

個人輸入には、ファイナンス感覚も必要ですね。
Blogタイトル:hiru’s雑記(blog)

個人輸入は、まだまだ知識不足・・・ちょっと気になる案件は、個人のプレゼントや贈答品の個人輸入の取り扱いや、喫煙家の私としては、タバコの個人使用目的輸入個人輸入代行を使わなければもっと安くなるのかな? ・・・ 時間のあるとき 調べませう。

参照

世界のBrooksBrothers
BrooksBrothers USA
POLO RALPH LAUREN
Burberry
BOOKSTAR
Patagonia
eBay Stores : BrooksBrathers factory
BrooksBrathers Chile ($=ドル? $=チリペソ?)
eBay Stores : BrooksBrathers factory
BrooksBrathers Blog
個人輸入 通関手続きのご案内
関税定率法第4条の7に規定する財務省令で定める外国為替相場
主な商品の関税率の目安 (カスタムスアンサー)
個人輸入通関
消費税等の税額計算方法 ← 個人的使用の目的で輸入するもの以外の場合
EPAの概要と原産地規則
EPAとビジネスチャンス

【お願い】
『一般的個人輸入』に関するご質問は、ご遠慮ください。
私には、有償無償を問わず、 『一般的個人輸入』に関するご質問にお答えできる知識も社会的専門的資格もございません。
『一般的個人輸入』に関するご質問は、その公的専門機関、あるいは、社会的専門的資格を有された方へお問い合わせください。

       

  札幌情報 約 940 サイト中 Best10 なリスト

Comments:5

nos 12-01-23 (月) 16:17

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205243/53794862

nos 12-01-31 (火) 1:38

算出条件算出過程 ①

通関時諸費用
 = 関税+消費税(国税)+消費税(地方税)+FedEX手数料
 = ⑤ + ⑨ + ⑪ + 200円
 = 1,200円 + 500円 + 100円 + 500円
 = 2,300円

1.算出条件 少額輸入貨物の簡易税率 により算出

A.私の輸入貨物の輸入目的
  私の個人的使用目的で商品を輸入するための輸入貨物
  
B.輸入貨物(コマーシャル・インボイス)FOB価格合計
  BrooksBrothers USA コマーシャル・インボイス内訳
  シャツ  6205-20-2016 7.4% 2個 小計金額 $107.25
  ネクタイ 6215-10-0040 13.4% 3個 小計金額 $161.50
                         合計金額 $268.75
  
C.輸入関税率  
  コマーシャル・インボイス FOB価格合計=<100,000円
  かつ、少額輸入貨物の簡易税率 対象外である
  『メリヤス編み又はクロセ編みのもの』 の商品記載なし
  よって、衣料品 少額輸入貨物の簡易税率 10% を適用
  
D.輸入為替レート
  外国為替相場1月15日~1月21日)より
  関税為替レート = 76.87円/$

2、免税判定

関税 課税価格= FOB価格合計額 × 0.6
         = ($268.75 × 76.87円/$) × 0.6
         = 12,395.2875円 -①
         ≒ 12,395円 -②  ①円未満切捨額

           12,395円 > 10,000円 なので
           免税 なし FedEX手数料 500円 要 

3、関税額算出過程

関税の
課税標準額  = ②千円未満切捨額
          = 12,000円 -③
  
関税額     = ③ × 簡易税率
         = 12,000円 × 10%
         = 1,200円 -④
         ≒ 1,200円 -⑤ ④百円未満切捨額  

4、消費税額(国税)算出過程

消費税 (国税)
   課税価格 = ② + ⑤
         = 12,395円 + 1,200円
         = 13,595円 -⑥
消費税 (国税)
  課税標準額 = ⑥千円未満切捨額
         = 13,000円 -⑦

消費税額    = ⑦ × 4%  
(国税)      = 520円 -⑧
          ≒ 500円 -⑨ ⑧百円未満切捨額

5、消費税額(地方税)算出過程

消費税額     = ⑨ × 0.25  
(地方税)    = 125円 -⑩ 
          ≒ 100円 -⑪ ⑩百円未満切捨額

nos 12-01-31 (火) 4:27

算出条件算出過程 ②

通関時諸費用
  = 関税+消費税(国税)+消費税(地方税)+FedEX手数料
  = ⑤ + ⑨ + ⑪ + 200円
  = 1,300円 + 500円 + 100円 + 500円
  = 2,400円

1.算出条件 関税率の違う輸入貨物の全部に、一般の関税率を適用し算出

A.私の輸入貨物の輸入目的
  私の個人的使用目的で商品を輸入するための輸入貨物
  
B.輸入貨物(コマーシャル・インボイス)FOB価格合計
  BrooksBrothers USA コマーシャル・インボイス内訳
  シャツ  6205-20-2016 7.4% 2個 小計金額 $107.25
  ネクタイ 6215-10-0040 13.4% 3個 小計金額 $161.50
                         合計金額 $268.75
C.輸入為替レート
  外国為替相場1月15日~1月21日)より
  関税為替レート = 76.87円/$

2、免税判定

免税額判定のための
課税価格   = FOB価格合計額 × 0.6
         = ($268.75 × 76.87円/$) × 0.6
         = 12,395.2875円 -①
         ≒ 12,395円 -②  ①円未満切捨額
           12,395円 > 10,000円 なので
           免税 無 通関手数料 200円 要

3、税額算出の基礎となる計算過程

A.シャツ編
  6205-20-2016 関税率 7.4% 小計金額 $107.25

関税 課税価格= FOB価格小計額 × 0.6
         = ($107.25 × 76.87円/$) × 0.6
         = 4,946.5845円 -A①
         ≒ 4,946円 -A②  A①円未満切捨額
 
関税の
課税標準額  = A②千円未満切捨額
          = 4,900円 -A③
  
関税計算    = A③ × 簡易税率
         = 4,900円 × 7.4%
         =  362.6円 -A④ 端数処理前
         ≒  300円 -A⑤ A④百円未満切捨額  

3、消費税額(国税)算出過程

消費税 (国税)
   課税価格 = A② + A⑤
         = 4,946円 + 300円
         = 5,246円 -A⑥
消費税 (国税)
  課税標準額 = A⑥千円未満切捨額
         = 5,000円 -A⑦

消費税計算   = A⑦ × 4%  
(国税)      = 200円 -A⑧ 端数処理前
          ≒ 200円 -A⑨ A⑧百円未満切捨額

4、消費税額(地方税)算出過程

消費税計算    = A⑨ × 0.25  
(地方税)    = 50円 -A⑩ 端数処理前 
          ≒ 0円 -A⑪ A⑩百円未満切捨額

B.ネクタイ編
  6215-10-0040 関税率 13.4% 小計金額 $161.50

関税 課税価格= FOB価格小計額 × 0.6
         = ($161.50 × 76.87円/$) × 0.6
         = 7,448.703円 -B①
         ≒ 7,448円 -B②  B①円未満切捨額
 
関税の
課税標準額  = B②千円未満切捨額
          = 7,000円 -B③
  
関税計算    = B③ × 簡易税率
         = 7,000円 × 13.4%
         =  938円 -B④ 端数処理前
         ≒  900円 -B⑤ B④百円未満切捨額  

3、消費税額(国税)算出過程

消費税 (国税)
   課税価格 = B② + B⑤
         = 7,448円 + 900円
         = 8,348円 -B⑥
消費税 (国税)
  課税標準額 = B⑥千円未満切捨額
         = 8,000円 -B⑦

消費税計算   = B⑦ × 4%  
(国税)      = 320円 -B⑧ 端数処理前
          ≒ 300円 -B⑨ B⑧百円未満切捨額

4、消費税額(地方税)算出過程

消費税計算  = B⑨ × 0.25  
(地方税)    = 75円 -B⑩ 端数処理前 
          ≒ 0円 -B⑪ B⑩百円未満切捨額

C.税金合算

関税額     = A④ + B④  
          = 362.6円 + 938円
          = 1,300.6円 -④ 
          ≒ 1,300円 -⑤ ④百円未満切捨額

消費税額    = A⑧ + B⑧  
(国税)     = 200円 + 320円
          = 520円 -⑧ 
          ≒ 500円 -⑨ ⑧百円未満切捨額

消費税額    = A⑩ + B⑩  
(地方税)    = 50円 + 75円
          = 125円 -⑩ 
          ≒ 100円 -⑪ ⑩百円未満切捨額

nos 12-01-31 (火) 5:58

算出条件算出過程 ③

通関時諸費用
  = 関税+消費税(国税)+消費税(地方税)+FedEX手数料
  = ⑤ + ⑨ + ⑪ + 500円
  = 1,100円 + 600円 + 100円 + 500円
  = 2,300円

1.算出条件 個別関税率により算出

A.私の輸入貨物の輸入目的
  私の個人的使用目的で商品を輸入するための輸入貨物
  
B.輸入貨物(コマーシャル・インボイス)FOB価格合計
  BrooksBrothers USA コマーシャル・インボイス内訳
  シャツ  6205-20-2016 7.4% 5枚 合計金額 $365
  
C.輸入為替レート
  外国為替相場1月15日~1月21日)より
  関税為替レート = 76.86円/$

2、関税額算出過程

関税 課税価格= FOB価格合計額 × 0.6
         = ($365 × 76.86円/$) × 0.6
         = 16,832.34円 -①
         ≒ 16,832円 -②  ①円未満切捨額
           16,832円 > 10,000円 なので
           免税 無 通関手数料 200円 要  
関税の
課税標準額  = ②千円未満切捨額
          = 16,000円 -③
  
関税額     = ③ × 簡易税率
         = 10,000円 × 7.4%
         = 1,184円 -④
         ≒ 1,100円 -⑤ ④百円未満切捨額  

3、消費税額(国税)算出過程

消費税 (国税)
   課税価格 = ② + ⑤
         = 16,832円 + 1,100円
         = 17,932円 -⑥
消費税 (国税)
  課税標準額 = ⑥千円未満切捨額
         ≒ 17,000円 -⑦

消費税額    = ⑦ × 4%  
(国税)      = 680円 -⑧
          ≒ 600円 -⑨ ⑧百円未満切捨額

4、消費税額(地方税)算出過程

消費税額     = ⑨ × 0.25  
(地方税)    = 150円 -⑩ 
          ≒ 100円 -⑪ ⑩百円未満切捨額

nos 12-02-12 (日) 16:23

国際宅急便事業者が、荷受人(私)に請求する関税・消費税特別手数料
について 個人輸入初心者である私が、理解できなかったモヤモヤ点

輸入貨物に一定額以上の関税が課税される場合は、海外購入先に支払う送料とは別に、後日、FedEX社(国際宅急便事業者)より、私(荷受人=輸入者)に課税されFedEX社が立て替えた税金と共に、その立て替えた税金の手数料として、関税・消費税特別手数料(500円)なるものが、私(荷受人=輸入者)に、税金に紛れて請求されます。

私(荷受人=消費者)は、この関税・消費税特別手数料に該当する役務の提供と、そのサービスに対し、対価を支払うことに同意した覚えがないまま、いきなり、FedEX社から、関税・消費税特別手数料(税金立替手数料)を支払えと請求されている感を強く受けます・・・(とても便利な仕組みだと思いますが、モヤモヤします。)
  
さらに、私が、モヤモヤしている点は、FedEX社の請求書では、関税・消費税特別手数料には、消費税区分の表記がなく、さも税金の一種がごとく表記され請求されている点です・・・

世界的大手企業の請求書なのに・・・この請求書の内容は、
実質、振込め詐欺と同じ構図にすら見えます。 不当請求・架空請求
  
ん~ BrooksBrothers USA自体が、運送業取次店とか?
このFedEX社からの関税・消費税特別手数料請求の件、税関に問い合わせるも管轄外と・・・運輸省に問い合わせるも管轄外と・・・消費者庁に、『消費者と事業者との情報格差を利用し、小額な金銭を請求されている。多くの個人輸入者(消費者)は、金銭が小額なためクレームとせず、あるいは、税金の一部と誤解し、支払っていると思われる事案・・・このような事案を監督・指導する省庁をお聞きしたいのですが?』と問い合わせるも・・・具体的過ぎて該当部署がわかりませぬと・・・(--;)

消費者・行政・業者の情報格差を強く感じます。
  
FedEX社 カスタマーセンターにも、3回問い合わせの電話をしました。疑問2つ。
  

疑問1
FedEX社は、荷受人(私)に対して、関税・消費税特別手数料の支払いを請求していますが、インターネット上でのみ告知されている国際サービス規約については、荷受人(私)が、必ずしもインターネットを閲覧できるとは限らない状況で、いつの時点で、荷受人(私)は、その契約に同意したとみなされているのですか?
 ・ 海外通販サイトにて商品を発注した時点?
 ・ 荷受人の輸入代理申告を代行した時点(税金立替時)?
 ・ 荷受時(輸入貨物所有権移動時)?
 ・ 上記以外の時点?

FedEX社の疑問1の回答
下記にある国際サービス規約の【関税・その他の税金】に FedEX社が、荷受人(私)に請求する関税・消費税特別手数料については、しっかり説明されています・・・お読みください。荷受人の国際サービス規約に同意したとみなす時期については、調べますのでお時間をください。
  
FredEX社ホーム の左側 サービスガイドのLINK先の
> サービス概要 にあるサービス概要のLINK先の
>> サービス概要 の国際サービス規約のLINK先の
>>> 国際サービス規約 の国際サービス規約のLINK先の
>>>> 国際サービス規約 6p目 中段 にある
     【関税・その他の税金】という項目を参照ください。

【関税・その他の税金】という項目の中で、説明されている、税金でもなく、官庁等に支払う手数料でもなく、一般企業に支払う、関税・消費税特別手数料の説明は、荷受人(私)=消費者に対し、関税・消費税特別手数料が、さも税金の一種という誤解を生じさせるので不適切かと思います。また、輸入貨物の所有権移転時期も気になりつつ・・・、荷受人(私)=消費者に対する国際サービス規約の効力の発生時期も気になります。なにせ、私(荷受人=消費者)は、そんな規約の存在すら、知らされず、お金を請求されるのですから・・・加えて、【関税・その他の税金】の中のでは、関税・消費税特別手数料の消費税の課税関係の説明も、ありませんでした。

疑問2
関税・消費税特別手数料ついては、お役所(公的機関)に支払う通関料に、消費税が課税されていないのは、理解できますが、企業利益も含まれてるであろうFedEX社に支払う税金立替の手数料と説明を受けた『関税・消費税特別手数料j』の請求書に、金利でもないのに、消費税区分(外税・内税)の明示がないのは、なぜですか?関税・消費税特別手数料ついての消費税の課税関係がわかりません。教えてください。

FedEX社の疑問2の回答-①】 
消費税は、内税となっております。
  
FedEX社の疑問2の回答-②
消費税施行令17条?により、消費税は、課税されておりません。【FedEX社の回答2-①】の回答は、まちがいです。申し訳ありません。

  
同業他社を調べてみました。

UPSでは、請求オプションで選択した場合、税金を立替え、関税・消費税特別手数料が発生するとのこと・・手数料の消費税課税関係の説明は、ありません。
   
DHL 社では、下記の説明がありました。

DHL 社 の支払い請求オプション&追加料金のLINK先 『輸入貨物納税立替』の項目にて (2012.02.10 現在)
  
DHLが通関手続きを行い、関税・消費税を立て替えた上で、運送状に記載されたアカウントに請求いたします。当サービスをご利用にあたっては、関税・消費税のほか立替手数料を請求させていただきます。請求金額は、運送状1枚につき、下記の手数料を立替納税金合計額に加えた額となります。
  
適用範囲 : DHL インポートエクスプレスワールドワイドを含むすべての輸入貨物
  
手 数 料 :
  関税・消費税の立替金の合計額が500円以上の場合、
  一律735円(内消費税35円)
  配達の際に、立替納税金を現金にてお支払い頂く場合、
  一律735円(内消費税35円)
  
*関税(消費税を含む)が300,000円未満の場合はDHLが立て替えて通関を行い、後日お客様にその分をご請求いたします。関税が300,000円以上の場合は、通関前にお客様にお支払いの確認をさせていただいてから通関を行います。

   
FedEX社UPS社』と『DHL社』では、荷受人に対して、税金を立替えた手数料として請求する 関税・消費税特別手数料の取り扱いが異なるようです・・・ 
  
FedEX社UPS社』 が、内税に該当する消費税を、国庫に納めていないのか?それとも、『DHL社』が、徴収すべきではない消費税を明示し消費者から徴収し、国庫に納付しているのか?
   
どちらにしても、相当な消費税額になりそうです・・・

お願い
このコメント欄の記事は、消費税も、個人輸入も ど素人な私の消費者・国民・納税者の1人として、事業者が、消費者に請求する役務の対価についての事例を、同業他社比較し、私のモヤモヤした点を、まとめた記事です。なので、私なりに、一生懸命調べましたが、業界・企業の専門部署・コンプライアンス部署の方や専門知識を有された方とは、当然、情報格差があります。消費者である私の誤解や、無知な点などご考慮頂きお読み頂けると幸いです。

この記事へのコメントは、こちらからお願いします。
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://nos.ripplestation.com/wp-trackback.php?p=16877
Listed below are links to weblogs that reference
【円高 メリット 個人輸入 BrooksBrothers USA】 from NosBlog

Home > 40010 – 個人輸入 > 【円高 メリット 個人輸入 BrooksBrothers USA】

Search
Feeds
Meta

Return to page top